脊椎分離症・すべり症

脊椎分離症というのは、脊椎の関節突起間部といわれる部位で本来つながっているべき骨の連続性が絶たれてしまっている(分離している)疾患です。主に腰椎(腰の骨)に生じ、学童期に多く発症します。原因はスポーツを行う学童に多いことから、腰にかかる繰り返しの外力によるものと考えられていますが、遺伝的要素も一部関与していると考えられています。本疾患の主な症状は腰痛で、早期に適切な治療を行うことが重要です。分離症が放置された場合、隣り合った脊椎との間の安定性が損なわれてしまうため加齢とともに骨と骨との位置関係にずれが生じることがあります。この状態を脊椎分離すべり症と言います。主な症状は腰痛と下肢痛です。


お気軽にお問い合わせ下さい
052-243-4874

【受付時間】
9:00〜12:30/15:00〜18:30
【定休日】
木曜・日曜・祝日