頚椎椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニアは腰椎椎間板ヘルニアに比べて発症年齢が高く、40歳以上に多く発症します。原因として首の老化を基盤に明らかな原因がなくても発症します。中には、むちうちやスポーツ外傷をきっかけに発症することもあります。
まず肩こり、首の痛みなどの局所の症状として始まります。このため、初期の局所症状の段階では、ただ単に寝違いの診断ですまされているものも少なくありません。
首〜肩〜腕〜指へのしびれ・痛み、肩・首・背中が痛く重く感じる、筋力低下、頭痛、耳鳴、目がチカチカするなどの症状があります。



お気軽にお問い合わせ下さい
052-243-4874

【受付時間】
9:00〜12:30/15:00〜18:30
【定休日】
木曜・日曜・祝日