肝斑

両頬、額、上口唇(鼻の下)に左右対称に出る褐色様のシミで、薄いものも含めた場合、特に30代〜40代以降の女性の約半数近い方に見られるごく身近なシミです。

シミ治療を考える人の約40%の方にこの「肝斑」があるといわれています。
肝斑は紫外線も高い発症要因となりますが、更年期やピル内服中に出現したり、妊娠、出産時期に出現したまま改善しないこともあることから、女性ホルモンが関与していると思われますが、原因が特定されていません。

ですから再発することもありますが、肌質を変化させて色を薄くした後、色の薄い状態を持続することは可能です。

肝斑発生時は何となく頬がくすんだ感じがする程度ですが、放っておくと次第に範囲が広がります。

いずれ、頑固なシミとなりますので早めのケアが必要です。また洗顔字や化粧の際の肌の擦れによっても生じますので、極力擦らない生活をすることも肝斑の治療には必要です。

当院では、ビタミンC、トランサミン内服、ハイドロキノン、トレチノイン外用、及びトラネキサム酸の導入とスムースクールやトーニング治療の総合治療をお勧めします。



スムースクール
ゼオスキンヘルス
東大式トレチノイン療法
メラフェード


お気軽にお問い合わせ下さい
052-243-4874

【受付時間】
9:00〜12:30/15:00〜18:30
【定休日】
木曜・日曜・祝日