ワキガ・多汗症

汗腺には、アポクリン汗腺とエクリン汗腺の2種類があります。

●エクリン汗腺
体温調節のためにかく汗で成分はほとんどが水分で、微量の塩分を含みます。

●アポクリン汗腺
各種タンパク質・糖質・中性脂肪・ピルビン酸・鉄分・アンモニア・色素リポフスチン・各種の脂質を含んでいます。このアポクリン腺の汗がワキガの原因です。


●ワキガのメカニズム
ワキガの独特なワキガ臭は、アポクリン汗が皮膚上に分泌され、皮脂腺から分泌された脂分やエクリン汗と混ざり、それが雑菌によって分解・酸化され、低級脂肪酸、アンモニアなどの物質に変化することで発生します。
概ね、ワキガ臭の強い人はアポクリン腺量が多く、皮脂腺も発達していて、毛の多い場合が多いといえます。


ワキガ・多汗症の治療のポイント

ワキガ・多汗症の治療では、その原因となるアポクリン汗腺・エクリン汗腺の活動の抑制や除去をいかに行うかが重要なポイントになります。

ワキガ治療に関しては直接剪除法(皮弁法)という手術法は保険適用になります。
また当院の特徴的治療であるプラズマリポによる手術は健康保険が適用にはなりません。事前のカウンセリングにて適用の可否も判断したうえで、最適な治療法を選択していきます。

■治療の比較表


■ワキガ治療
@直接剪除法・・・保険適用
Aミラドライ…自費診療
Bプラズマリポ…自費診療
Cボトックス注射…自費診療

■多汗症治療
@ミラドライ…自費診療
Aボトックス注射…自費診療